カフェと映画の日々
好きな映画やカフェの話をだらだらと書くブログ
プロフィール

Gilles

Author:Gilles
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶炎祭に行ってきたよー
陶炎祭
4日に陶炎祭へ行ってきました。
天気も若干雲の多い晴れで過ごしやすくいい陽気でした。

陶炎祭
まずは大好きな小堤さんのブース oz.factoryへ!

陶炎祭
今回、小堤さんが陶炎祭へ初出展とのことなのでお祝いのお花を贈らせていただきました。
喜んでいただけたようで何よりです。

陶炎祭

だいぶ商品は売れてしまっていて在庫は少なかったけれど、いつものOZワールドで見ているだけで楽しい器です。
陶炎祭

居心地がいいのでついつい2時間近く小堤さんのブースでお茶いただきながら、雑談しつつ過ごしてしまいました。(笑)
陶炎祭

スポンサーサイト

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

笠間の陶炎祭(ひまつり)
笠間陶炎祭

笠間の陶炎祭(ひまつり)のシーズンがやってまいりました。

笠間の陶炎祭(ひまつり) 2009年4月29日(水)から5月5日(火)

書くのをすっかり忘れてましたが笠間の陶炎祭(ひまつり)が開催されます。

私も本日行くつもりです。
早く寝なければ。

お時間がある方はぜひどうぞ。
なお、会場駐車場は開場後に行くと入場するのに混んで大変なので早めに到着することをお勧め致します。

大きな地図で見る

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

益子陶器市 09年春
益子陶器市

益子陶器市のシーズンがやってまいりました。
春風益子陶器市 2009年4月29日(水)から5月6日(水)

ご紹介が遅くなりましたが益子も陶器市が開催されます。
今からどんな作品に出会えるのか、ワクワクしますねー。


拡大地図を表示


テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

びっくりした
いや、言葉としては適切な表現ではないのはわかっているのだけど、正直自分の最初の気持ちと精神状態を表すとこれしかなかった。

訃報:忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け

ちょっと家を空けていて戻って最初に知ったニュースがこれだった。
本当に最初マジ冗談かと思ったほどだ。
10代のころ、友人にRCサクセションマニアがいて、彼からレコードを借りてテープ起こして毎日のように聞いていた日々を思い出す。
当時、大勢を占める歌謡曲からは浮いていたがそこがまた魅力でもあった。

正直なところ、ここ20年くらいの活動については追いかけてなかったのでたまにニュースで知る程度だったのだが、やはり青春の思い出として彼は私としても外せない一人だっただけに、非常に残念でならない。
清志郎、さよならは言わないぜ、ありがとう!

テーマ:忌野清志郎 - ジャンル:音楽

北米盤、BDのアマデウス買ったよー
アマデウス

私の過去ログ読んでもらえばわかるように映画好きなんですが、その映画の中でも自分の中で5本指いや、3本指に入るくらい好きな作品が「アマデウス」です。
これはもう、何回見たかわからないくらい見ていますね。
今でもたまにふっと聞きたくなって、BGM代わりに流したりしています。

確かDVDも出始めたときに最初に買ったタイトルがワーナーの「アマデウス」と「ブレードランナー」だったと思いました。
ただアマデウスのDVDは初期のタイトルなので今では珍しい両面1層という、まるでレコードかLDのように視聴中に盤面をひっくり返さないといけないという仕様なのが最後まで悔やまれました。
いつかは片面2層で出直すかな?と思ってましたが結局駄目でしたね。

アマデウス

待望のブルーレイ化なのですが、残念な点がいくつかあります。
まず、ディレクターズカットだけ、というところですね。
個人的にはやっぱり劇場版を同梱して欲しかった。
コスト的に出来ないのなら別売りでもいい。
そのくらい劇場版も好きです。

ディレクターズカット版というのが増えてきていますが、作品を長くすればいいってもんじゃないと思うんですよね。
この作品でもディレクターズカットを見ると劇場版でちょっと疑問に思っていた部分が納得できます。
例えば最後にコンスタンツェがサリエリをなんであそこまで毛嫌いしていたのか、ディレクターズカットを見ると、あぁ、なるほど、と思います。
その他にも大筋に影響しないような伏線があちこちあって劇場版を見た人は、なるほど~、と感じるところがかなりあります。

ということでアマデウスのディレクターズカットってのは劇場版を見た人、好きな人へのサービス作品みたいな物だと思うんですよ。
なので、劇場版もぜひリマスターしてブルーレイ化お願いしますよ、ワーナーさん。

今回、国内盤買うか、北米盤買うか、最後まで悩みましたが結局北米盤買いました。
一番の理由は安いからなんですがサントラCDまで付いても国内より半額近くで買えるのが魅力でした。
でも、もし国内盤に日本語吹き替えがついていれば国内盤買ったでしょう。

テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。